ovo

時代はソーシャルディスタンスキャンプ! 千葉・勝浦に音楽フェスも楽しめるキャンプ場がオープン

 SDGs(持続可能な開発目標)は今や常識。そしてこのご時世で生まれたのがSDC、ソーシャル・ディスタンス・キャンプだ。3万3,000平米の広大なゴルフ場跡地の芝生で、野外音楽フェスを毎週実施するキャンプ場「REWILD … …

ovo

若者を中心に SDGsの認知度が向上 電通による生活者調査

   電通の、全社横断でSDGsに関するプロジェクトを推進する「電通Team SDGs」は、全国10~70代の男女計1,400人を対象に、第3回「SDGsに関する生活者調査」を実施した。  SDGs(Susta … …

Enechange

エネチェンジがLooopと共同で海外特化の脱炭素エネルギーファンド設立、1000億規模の投資目指す

 テクノロジーを活用したエネルギー関連の事業を手がけるENECHANGE(エネチェンジ)は4月21日、太陽光発電システムや電力小売り事業を展開するLooopと共同で海外特化の海外特化型の脱炭素エネルギーファンド「JAPAN ENERGY ファンド」を設立したことを明らかにした。 Read More

ovo

カフェ空間を通じて資源の循環目指す エコな折り畳み式タンブラーと無添加コーヒーせっけん

 「すべてのゴミと、格差を、笑顔に変え、幸せと資源が循環する経済・社会を実現」をテーマに、コーヒーと消費の形に新たな選択肢を提案する、スペシャルティコーヒー専門のロースターカフェ「alt.coffee roasters( … …

ovo

SDGsに取り組んでいる企業って? 「企業版SDGs調査」TOP100発表

 地球温暖化などの環境問題を含め、国連が定めるSDGs(持続可能な開発目標)は社会全体で取り組まなければ解決しない。その際、大きな影響力を持つのが各企業だが、日本でSDGsに積極的に取り組んでいる企業はどこだろうか?   … …

GovTech

自治体から住民への通知を自動化する「BetterMe」開発のケイスリーが1.9億円を資金調達

 地方自治体のSDGs推進支援や行政機関向けプロダクトの開発に取り組むケイスリーは3月26日、モバイル・インターネットキャピタルが運営するMICイノベーション5号投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資により、総額1億9000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。 Read More

ovo

「ひんこん」てなあに? 子ども向けSDGsアニメを公開

 日々の紙面はもちろんのこと、テレビのCMでも見かけるようになった「SDGs」(持続可能な開発目標)という言葉。大人が率先して目標達成のために行動することは当然だが、いずれ社会の主役となる子どもたちにもその意義を理解して … …

ESG投資

日本で根付くか、 SDGs 取り組み応援するメディア

 国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」への認知度が大企業だけではなく、日本の中堅・中小企業経営者の中で急速に高まっている。社会課題に応えた事業開発や働きがいなど、SDGsが掲げる目標をビジネス戦略とする企業が増える一 … …

ovo

太陽光発電設備の一貫した管理を 日本アセットマネジメント協会が指針公表

イメージ  企業などが持つアセット(資産)の維持・管理を支援する日本アセットマネジメント協会(JAAM、東京都港区)は、再生可能エネルギーとして期待されている太陽光発電について、計画から建設、保守、維持など一貫した管理が … …

ovo

実は原料のほとんどが植物由来 ニチバンの「セロテープ」が “ソーシャルプロダクツ・アワード” 2020年大賞

 日本でもようやく注目され始めたSDGs(持続可能な開発目標)。消費者であるわれわれも、商品を購入する際にもっとエコやフェアトレードを意識した品物選びをする必要がある。  エコ(環境配慮)やオーガニック、フェアトレード、 … …