eKYC

TRUSTDOCKが福岡市の実証実験プロジェクトに採択、デジタル身分証による行政手続きを検証

TRUSTDOCK TRUSTDOCK(トラストドック)は7月2日、福岡県福岡市の実証実験プロジェクト「Beyond Coronavirus」(ビヨンド コロナウイルス)において、同社提案の「デジタル身分証による行政手続き」が採択されたと発表した。 Read More

GovTech

新型コロナ禍で神戸市がマイクロソフトと包括連携、Power Virtual Agentsでチャットボット、Twilioで音声自動案内などを構築

 神戸市は6月4日、マイクロソフトとの包括連携についての記者発表会を開催した。新型コロナウイルス感染蔓延に関連する情報発信や特別定額給付金に対する市民からの問い合わせに対応する目的で、同社の業務アプリケーションプラットフォーム「Microsoft Power… Read More

GovTech

マーク・アンドリーセンやナイチンゲールから学ぶ「真空状態に何かを作ること」

 マーク・アンドリーセンの作ることへのエネルギッシュな呼び掛けを著した記事を読んだ。同世代で最も印象に残る起業家であり投資家である彼は、技術コミュニティーに武器を手に取り、クリーンエネルギー、教育、効率的な医療といった難題を、何かを作ることで解決しようと訴えた。 Read More

GovTech

自治体から住民への通知を自動化する「BetterMe」開発のケイスリーが1.9億円を資金調達

 地方自治体のSDGs推進支援や行政機関向けプロダクトの開発に取り組むケイスリーは3月26日、モバイル・インターネットキャピタルが運営するMICイノベーション5号投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資により、総額1億9000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。 Read More

Amazon

CircleCIとAWS GovCloudが協力して米国政府のアプリ開発のモダナイズを支援

 米国時間2月25日、継続的デリバリーサービスのCircleCIが、AWS GovCloudとのパートナーシップを発表し、AWSの政府向けプラットホームを使っている連邦政府機関のアプリケーション開発のモダナイズを支援していくことになった。 Read More

GovTech

外国人労働者のビザ取得をサポートするone visaが「GovTechカオスマップ 2020」を公開

 オンラインによるビザ申請、管理支援サービス「one visa(ワンビザ)」を提供するone visaは2月26日、「GovTech(ガブテック)」に関連した領域におけるサービスのカオスマップを公開した。 Read More

california

米警察のナンバープレート自動読み取りシステムが悪用されていた

 ナンバープレート自動読み取りシステムの運用のされ方は「疑問だらけであり、そのデータの濫用は心配や疑いどころかまさに事実である」、とカリフォルニアの州議会議員が言っている。 Read More

Asia

ウィキメディア財団がインドが提案する仲介者責任規則に深い懸念を表明

 Wikipediaをはじめ、さまざまなプロジェクトを運用している非営利団体であるWikimediaが、インド政府に国の仲介者責任ルールの変更案を考え直すよう促している。 Read More