fcc

FCCからの242億円の罰金と複数の州からの訴訟に直面するがロボコール業者たちはわずかしか払わない

 人間の悪辣さの頂点を極めた2人の男が、2019年の最初の数か月だけで約10億回のロボコール(自動音声勧誘電話)を行ったことを認め、現在FCC(連邦通信委員会)の約242億円の罰金と、それ以上の額に達することが見込まれる複数の州司法長官たちからの訴訟に直面している。 Read More

fcc

FCCが軌道デブリ規則を2004年以来初めて更新

 FCC(米国連邦通信委員会)は、15年前に登場した軌道デブリ規則をようやく更新し、新しい要件を追加して承認プロセスを合理化した。毎年沢山の衛星が、ますます混雑する軌道に上がっていく中で、こうした規則はこれまで以上に重要になっている。… Read More

coronavirus

米FCCが多発する新型コロナ関連ロボコールの被害を警告

 詐欺師たちが現在の世界的な大惨事を利用した詐欺活動を活発化することは、驚くに値しない。FCC(連邦通信委員会)は、新型コロナウイルスに関連したロボコールの被害が多数報告されていると警告している。 Read More

fcc

米国議会に急かされてFCCはロボコール対策技術の実装をキャリアに義務化

 通信キャリアに対して、1年間の猶予期間を与えた米国のFCC(連邦通信委員会)が、ついに米国時間3月7日からロボコール排撃技術の実装を彼らに要請する。 Read More

fcc

通信キャリアによるリアルタイムの顧客位置情報販売を米FCCが犯罪と認定

 1年半あまり前に、米国の無線通信事業者たちがリアルタイムの顧客位置情報を、金さえ払えば誰にでも売ってることが発覚したが、このほどFCC(連邦通信委員会)はその販売を犯罪と認定した。彼らの犯行過程を詳細に述べた公式文書も、近く公開される。 Read More

fcc

ロボコール遮断法案が上院通過、大統領の署名待ちに

 そのTRACED法(Telephone Robocall Abuse Criminal Enforcement Act, 電話のロボコール濫用を犯罪とする法律)は、ロボコールが呼び出し音を鳴らす前にキャリアがそれを封ずることを義務付け、とくに悪質なものはFCCに捜査権を与える。 Read More