diversity

Uberはセクシャルハラスメントと報復で有責となり被害者全員に最大4.3億円を払う

 調査により、Uberが「セクシャルハラスメントがある企業文化と、ハラスメントを訴えた個人に対する報復を許容していた」と信ずるに足る合理的な根拠が見つかった、と委員会は今日(米国時間12/18)のプレスリリースに書いている。 Read More