Apple

AppleがiPhoneの性能を勝手に抑えたことにフランスが罰金を科す

 フランスの競争・消費・詐欺防止総局であるDGCCRFは米国時間2月7日朝、「消費者に伝えなかったことは不作為によって誤解に導く事業慣行である」と、iOSのアップデートに際して古い機種の性能を抑えたことに対して、Appleに対する2740万ドル(約30億円)の罰金を科すことを発表した。 Read More